ドアを開けると、3ヶ月前に音信不通になった彼が立っていた
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
「元気だった?」

何度もしつこく鳴るインターホンにイライラしながらドアを開けると、3ヶ月前、突然音信不通になった彼が微笑みながら立っていた。


まさか、また会うとは思っていなかった。

結婚まで話していた私たちだった、お互いがお互いを好きだと思っていた。
けれど彼は突然、別れも告げずに消えて音信不通になった。
私はそれから、彼への想いを消そうと、脳裏にチラつく彼を忘れようと、マッチングアプリを始めた。
幸せを掴むことに必死だった。

でも結局、幸せなんて掴めなかった。

男性に会っても体を許せばそれで終わり。
会えば会うほど、何も残らなかった。
愛もない、ただただベッドの上で「好き」を交わすだけの2人。

虚しさだけが積もっていった。


思い返せば、これまでの3ヶ月間、彼を忘れた日なんて1日もなかった。
彼に会う術もなにも持っていない私は無力だった。

きっと彼は、音信不通への後ろめたさや申し訳なさなど、1ミリも無いんだと思う。
それに対して、もちろん怒りの感情もあった。けれど、胸の奥がざわざわする不思議な感覚を覚えた。


「彼女できた?」

彼に問いかけた。

「彼女なんていないよ、いたら会いに来ないよ。」

彼は曇りのない真っ直ぐな目で、そう言った。

でも、私は彼に新しい彼女ができたことを知っている。
彼のLINEを消せないから。
彼のホーム画面の中には彼女の姿があるのは見ている。

だけど私は馬鹿なフリして
「彼女いないんだ、久しぶりに会えて本当に嬉しい」
そう言って笑う。

彼は自分の欲を満たすためだけに来た。
悲しい現実に目を背けて、全てをかき消したくて、私は彼に抱かれた。


きっと、この関係の終わりはまた突然、音信不通になること、そう分かってる。
またいなくなる、そして私は彼を忘れるために男性に会って、すぐ壊れる関係を持つ。

バカみたい。
本当にバカみたいだけど、私はここから抜け出せずにいる。

 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
助演のわたし
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
つづ さんからの純猥談
つづきをよむ >
風俗嬢まりんの性愛テクニック講座
平凡妻 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「でも付き合ってはくれないんでしょ」
量産型大学生 さんからの純猥談
つづきをよむ >