最愛の夫の前で、私は忌み嫌っていた父親のような人間になっていた
「おかえり」と「ただいま」がいつも逆になる。
女性が苦手で、口下手で、自分の話ばかり。
私が初めての相手で、セックスがおぼつかない。
嘘が下手で、本当のことしか言葉にできない。
疑う気持ちを知らなくて、全部信じてしまう。
何かに夢中になったら止まらなくて、声も聞こえない。
継続力があって、考えるのが苦手だから行動力がすごい。
長男だから頼りがいがあるけど、結構甘えん坊。

全部、全部、夫の好きなところだった。

全部、嫌いになってしまった。


私と夫は友人の紹介で知り合った。

父親からの精神的暴力で、誰も信じられなくて男性と付き合うのがうまくいかなかった私。
でも夫は、そんな私の過去も性質も、全てを受け入れてくれる人だった。
重くても、束縛しても、怒っても、ぐでぐでに甘えても。

「いいよ、いいよ、俺にまかせて」
「あなたの嫌なことは俺が全部やるから」

そう言ってくれた。


私の甘えはどんどんエスカレートしていく一方、彼は実際にそれを受け止める器量はなかった。
そんな夫に対して、怒りたいときに怒り、
セックスはめんどくさいしワンパターンだからと断るけど、
でもずっとずっとひっついていたい。
感情をひとつも隠さずぶつけていた。

私は忌み嫌っていた父のような人間になってしまっていた。

なんでいつも同じミスを繰り返すの?
自分の話ばかりで私に興味ないの?
なんでセックスそれしかできないの?
たまには上手いこと言って手のひらで転がしてよ
世の中悪い人いない?そんなわけないでしょ 笑
私よりゲームや仕事が大事なの?
なんで何も考えずに発言するの?
すぐに愚痴って、聞く私の身にもなってよ。

もっともっと、私を大事にして。
私がお願いしたことは絶対にやって。
口で言ったことはちゃんと守って。
私の前でネガティブにならないで。
私と仲良くするためにたくさん考えて。

もっと、もっと、もっと、もっと、もっと。

私は結局、理想の彼ではなくて、「理想の親」を求めていた。
私のことを全て受け入れてくれなかった父親、その代わりを探すように。

何度も話し合いを重ねた。
押し付けるばかりじゃダメだ、
二人で一緒に変わっていくんだ、と。

夫の両親は、私とは正反対の親だ。
生まれた時から甘やかして甘やかして育てられてきた。
だからこんなに、正反対の二人になったんだろう。

凸と凹で、補い合えると思っていた。
死ぬまで一生、愛し合えると思っていた。

「それでも好きだよ、離婚したくない」
「俺がなんでもやるから」

でも夫の「好き」だけじゃ私達は上手くいかない。
君の「なんでもやる」は口だけだとわかっている。


ごめんね、本当に、ごめんなさい。

本当に好きだった、愛していたの、
セックスだって本当は気持ちよかった。

でも、もうしたいと思えなくなってしまった。

きっとずっと愛している。でももう、私の勝手に振り回せない。
私はこれから先、彼以上に本音を言える相手はできるんだろうか。
 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
助演のわたし
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
つづ さんからの純猥談
つづきをよむ >
風俗嬢まりんの性愛テクニック講座
平凡妻 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「でも付き合ってはくれないんでしょ」
量産型大学生 さんからの純猥談
つづきをよむ >