好意を向けられるたびに、こんなに好かれていいのか不安で、でも幸せで
4月、派遣として働いていたホテルに、3つ下の新入社員の男の子がきた。
彼は入社して直ぐに私にちょくちょく話しかけてくれるようになった。
私が隅で作業をしているとニコニコしながら近寄ってきて「何か手伝うことありますか?」と言って一緒にやってくれた。
3つも年下なのにしっかりしている、愛嬌があって仕事のできる好青年という印象だった。


「同期の女の子から教えてもらいました!嫌だったらブロックしてください!」
ある日、彼からインスタのDMが来た。
謙虚さがかわいいなと思ったし、素直に嬉しかった。暇だったのでそのままご飯に誘った。

職場以外で初めて2人で会うと、今までちゃんと話したこともなかったのに、何故か自然と会話が盛り上がった。
コミュ障な私はよく自分を作り無理をするけど、驚くほど自然でいられた。こんなことは初めてだった。
一通り他愛ない話をして盛り上がった後、彼がその場のノリで言った「前彼氏いたのいつですか?」から始まって、だんだんそっち系の話になった。

「はじめてしたのいつ?」
「何人としたことありますか?」
「どんな感じでしたの?」

雰囲気が変わっていくのが分かった。

「俺キスが好きなんですよね」
「私も。キスが一番好き」
「キスっていいですよね」
「うん。本当に気持ちいいよね」

2人の歩幅が狭くなっていって、手には汗をかいていた。まだ5月なのにこんなに暑かったけ。

「キス、してみる?」

横を車が通り過ぎるのに、道路の端で人目も憚らずキスをした。

それから毎日、仕事終わりの夜遅くから一緒にコンビニに行ってお菓子やお酒を買って、帰り道の少し奥に入ったところにある小さな公園で朝まで一緒にいた。
キスだけをして、ずっとくっついていた。


入社した時からずっと、同期の男の子に私のことを可愛いと言ってくれていたことや、私がシフト表を見て出勤が被っていたときは嬉しかったことを嬉しそうに話してくれた。
私のことを何度も好きだと言ってくれた。
寒いと言ったら走って上着を取りに行って肩にかけてくれたし、ここに来るまでに坂でこけたと笑いながら話すと、「大丈夫ですか?」と何度も真顔で心配してくれた。
今までこんなに女の子扱いされたことはなかった。

彼は心の底から尊敬できる人でもあった。
高校の先生からもらったメッセージを見返すと今でも泣いてしまうこと。
3年生でスタメンでも試合に行くときは率先してボール持ちをしていたこと。
母親にとても感謝していて恩返しを計画していること。
高い目標に向かって頑張る姿勢や意欲。

彼の言葉選びや、話の内容から滲み出る人柄が本当に素直で純粋で、冷静で、大人びていた。
いつもキラキラしていて眩しかった。


私は今まで、まともに付き合ったことがない。
20歳になるちょうど1ヶ月前。
経験のなさに焦った結果、汚い繁華街の真ん中にある安いホテルの一番安い部屋で、会って10分も経ってない人と初めてのセックスをした。
男の人は、一度体を許してしまうと途端に興味を失って、態度がガラリと変わる。
でも不思議なことに、その分私は惹かれてしまうのだ。
冷たくされたり、気まぐれな態度が一層私の気持ちを盛り上げる。
幸せになれないと分かっていても、大事にされないことに安心してしまう。

過去の恋愛について聞かれたときは、大好きだったのに一度セックスしたら連絡が取れなくなった人を元カレだということにしていた。
だから私は嘘つきだし、汚いし、自分に自信がなくて、後ろめたいことばかりある。

彼が好きだと言ってくれるたびに申し訳なくて「そのうち飽きるよ」「急接近しすぎたから戸惑ってるだけ」と返した。
彼に好意を向けられるたびに、こんなに好かれていいのか不安で、失うことが怖くなって、でも本当に幸せだった。


今では最後までそうしておけばよかったと後悔している。そうすればいい思い出になったのに。
強欲な私は、派遣の任期最終日に「付き合おう」と無理を言った。
彼は戸惑っていたけど「よろしくお願いします」と言ってくれた。

彼は、とても気を遣ってくれて、新しい派遣先でも毎日ラインをくれた。
お局に嫌われて馴染めないでいた私はそれに本当に助けられた。
距離が開いて、彼が冷めていることに気づいていたのに、寂しさから無理をさせてしまった。
責任感が強くて優しいから、自分から言えない彼。

今日、ようやく決心して彼にメッセージを送った。

「私のことが好きなのか好きじゃないのか正直に教えて?」

実際は1時間くらいだったけど、半日くらい返信を待っているように感じた。

「好きじゃないかもしれない」

この返信で、彼との関係はあっけなく終わった。
きっともっと早く聞いてあげるべきだった、ごめんね。
今回は結構長く引きずりそうだ。
こんなこと何度もあって、もう馴れてるはずなのに。

信じられないことに、振られたての今の方が圧倒的に彼のことを好きだ。
さっき更新された男女4人くらいで楽しそうにボウリングしてる彼のストーリーを、私はもう10回は見返している。
 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
助演のわたし
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
つづ さんからの純猥談
つづきをよむ >
風俗嬢まりんの性愛テクニック講座
平凡妻 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「でも付き合ってはくれないんでしょ」
量産型大学生 さんからの純猥談
つづきをよむ >