彼が「就活生」になって1ヶ月、LINEが鳴ることはなくなった。
私の彼は「就活生」というものになったらしい。


この春、彼は大学4年生になる。
「人生を決める大事な時期だから」
そう言われた。人生を決める時期なんて他にもあるんじゃないかと考えたけれど、彼にとって、今がその時なのだと結論に至った。

「忙しくなるから、会えないと思う」
その言葉に私は頷いた。


彼とは付き合ってまだ間もない。
彼からの一目惚れだった。
私達は、もともと連絡をたくさん取る方ではなかったし、電話もLINEも滅多にしない。
電話は特に理由はないけれど、私が苦手という個人的な理由で断っていたし、LINEの着信音が鳴るのも、会う時の約束をつける時だけだった。週に1回あれば多い方であった。


そんな中、彼は「就活生」となった。
今まで通り、変わらないだろう、そう思っていた。

彼が就活生になって、会う頻度もLINEが鳴る頻度も激減した。もともと連絡がない方が当たり前だったから、激減という言い方はおかしいのかもしれない。
だが、彼が「就活生」になって、約1ヶ月、LINEが鳴ることはなかった。


いつも通りのはずなのに、心には不安が積もっていく。
ネットの記事で「就活中に破局するカップルの特徴」だなんて目については、彼からの鳴らないLINEの履歴を読み返していた。

彼は今何をしているのだろうか。
元気にしているのだろうか。
私なんかいなくても、いや、いない方がいい時期だと自覚している。
彼はきっと、将来への不安と期待の狭間で、押しつぶされそうになっている。そう思わないと、この連絡のない1ヶ月間の意味がわからなくなってしまう気がした。

「会いたい」
なんて言ってしまったら、困らせてしまう。
彼の負担になりたくない。

「私達って、付き合っている意味あるのかな」
そう聞いてみようと思ったこともあった。
そんなことを聞いてしまったら、最後だと思って、結局打ちかけのLINEを閉じた。

私は彼の、なんなのだろう。

付き合っているといえるのか。

分からないまま、3回目の記念日を迎えようとしている。
彼の気持ちは、私にまだあるのかもわからないままだ。

就活生を支える彼女になりたかった。
けれど、付き合って間もない私達には厳しい試練だ。


今日も私は、なるはずのないLINEの履歴を読み返して眠りにつく。



 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
彼のSNSは彼女でいっぱいだった。
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
某A氏 さんからの純猥談
つづきをよむ >
私は行為中に服を脱がない。相手に嫌われたくないから。
紲 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「結婚するんだ」という言葉を聞いて、真っ先に浮かんだのは安堵だった。
ISO さんからの純猥談
つづきをよむ >