「でも付き合ってはくれないんでしょ」
「でも付き合ってはくれないんでしょ」

隣で寝ていた友人にスっと心の距離を取られたような気がして声が出なかった。
同じベットでこれ以上ないほど友人の体温を近くに感じられるのに、途方も無いほどの心の距離が私と友人の間にはいつからかできていた。


友人は少し中性的な人だった。好きな物は甘いものとおしゃべりと意味の無いライン、どちらかというと小柄な体型で、オーバーサイズのスウェットやTシャツの袖を余らせながらスマホをいじっていた。

大学入学時、私と友人はよく遊びに行った。
友人は中高6年間女子校だった私にとって初めてできた異性のともだちだった。毎週のようにあるガイダンスや新歓の合間をぬって、オムライス、パンケーキ、チーズダッカルビ…そんな誰と行ってもおいしいような料理をわざわざ友人と食べに行った。

ご飯を食べたあとは公園によく行った。
ある日友人は公園を歩きながら、理想の家庭像について語っていた。それは家族仲のいい友人らしい、幸せな夢だった。

日が暮れて初めて、随分長い間がたったのだと知るのが常だった。いつものようにベンチに座り、そこで、初めて友人の口から私への気持ちを知った。
それまで私は友人の話す理想の家庭像に自分が含まれていたことを知らなかった。

友人は今まであった人間の中で一番性格が合うと感じていたが、小ぶりな顔のパーツで構成された地味な顔立ちは当時の自分には少し物足りなかった。
だから、友達のままでいたいと伝えると、友人は分かりやすく肩を落とし、まつ毛を伏せた。
泣いていたのかもしれない。

それからも友人とは会い続けた。
色々なところへ行った。そのあともう一度だけ同じ公園で告白された。夜の公園はもう肌寒くなっていた。季節が変わっても友人は好きでいてくれたのだ。

そんな関係は私がサークルの先輩と付き合い始めるまで続いた。
友達伝いに彼氏が出来たことを知ったらしい友人は、
あの夜告白を断った時のように眉を顰めながら、数々の私の今までの私の行動を列挙しながら、

「ずるい、ぜんぶ嬉しく思っちゃってたよ」

と責めるような口調で言われた。

それが友人とのその年最後の会話になった。


背が高く、容姿のいい先輩は彼氏として見栄えが良かったが、精神的に弱い人で、束縛の激しさに根を上げて3ヶ月で別れてしまった。その後先輩とはサークル活動で一緒になっても一言も言葉を交わせなくなってしまった。

付き合う前はあんなに尊敬でき、付き合ってからは1番近しい人だったのに別れたらこんなにも遠くなってしまうのか。

今後本当に大事な人とは付き合うことはやめようと心に誓った。


友人を傷つけたという罪悪感から彼と別れてからもずっと連絡をとっていなかったが、たまたま学祭で再会してからまた連絡をとるようになり、トントン拍子で会うことになった。

久しぶりに会った友人の耳元にはピアスが開いていた。
半年会わないうちに友人は彼女ができて、すでに別れていたことを知った。わたしが先輩と別れたぐらいの頃に付き合っていたらしい。あちらからの告白だったようだ。

何も私は知らなかった。
ピアスを開けたことも、彼女ができたことも、その彼女と別れたことも何も知らされなかった。

なんだか少し、裏切られたような気になっていた。
初めて私に好きをくれた人だから、ずっと私のことを好きでいてくれると勝手に思っていた。


友人と知り合ってから1年が経ち、季節はまた春になっていた。
私と友人の距離は去年の春のようにまた縮まっていた。また、どこで誰と行ってもおいしいようなご飯をわざわざ友人と約束して食べた。

去年と食事の様子と違うのは、友人の片耳で光る黒いピアスと、テーブルの上の度数の強いアルコールとiQOSだった。
ピアスもお酒もタバコも、いつから始めたのか知らなかった。
友人のことを知れば知るほどまだ知らないことが多いと気づいた。もっと知りたいと思った。

私は束縛彼氏と別れてから深酒をするようになっていた。
友人と飲んだその日も居酒屋で大量のお酒を飲み、道の途中のコンビニで安酒を買い、コンビニのベンチでそれを飲み干した。

ベロベロになっていると、友人が唇を合わせてきた。
友人はキスがとても、うまかった。

時に激しく時に穏やかな繊細なキスで、強弱をつけた友人の舌や唇に今までない快感を感じた。今まで彼氏や彼氏以外ともした下手なセックスよりも、気持ちのいいキスだった。

現金な私は、そこで友人を初めて異性として意識するようになった。

またすぐ一緒にお酒を飲みに行き、互いに酔ったフリをして、路地裏にある安いラブホテルに入った。友人は初めてだと言っていたが、信じられないほどよかった。

今までの建前や過去や友情が全て全てどうでも良くなるくらい、どうしようもなく体の相性がよかった。

友人は雄なのだと、強烈に体と頭に叩き込まれた。
私はみるみるうちに友情か性欲か恋心かなんだかわからない感情を友人に抱くようになった。


それから友人と何度もセックスをした。
とても、気持ちが良かった。
お酒を飲まないと手も繋げず、繋がっているときしか「すき」といえない関係がもどかしくも、このままずっとこの終わりのない関係でいたいと思っていた。

簡単に付き合って、簡単に別れて、
友人を失うのは絶対に嫌だった。


ある夜セックスを終え甘美な倦怠感に身をゆだねていると、友人が無言でじっと私の目を見つめてきたことがあった。
私は恋人のように友人にすりより、いかに今のセックスが最高だったかを述べ、友人の体と器用さを褒めちぎった。私が一人で熱に浮かされたように話せば話すほど、友人は冷静になるらしかった。私が口を閉じるのを待ち、一呼吸おいて友人は言った。

「でも付き合ってはくれないんでしょ」

まるで冷や水をかけられたような気分で、言葉が出なかった。
あなたが大事だからこそ簡単に付き合いたくないこと、学生時代の恋愛で終わりたくないこと、ずっとこのまま一番近くにいてほしいこと、ずっと好きでいてほしいこと。 

どうしたらわかってもらえるんだろう。

付き合いたくないほど、友人ことが大好きで、大切で、失いたくない存在なんだということを。頭の中は伝えたいことで溢れているのに、その時の私は「うん。」という2文字を発することが精一杯だった。

友人にとってこれが、このかりそめにも、永遠にも思えるような関係を終わらす決め手になったのだろう。


ほどなくして、2人の間のLINEの返信の頻度が逆転した。
今まで私が返信を忘れていて、友人から動物がこちらを眺めるスタンプが送られてきたことは1度や2度では無かったが、この時期には何度も返信が無いかLINEを開き、追加でメッセージやスタンプを送るのは私になっていた。


薄々気づいていた。

LINEの返信の頻度は人の気持ちに比例する。
もう何もかもが遅すぎる。
そう思っても、昔好きになってくれた人はいつまでも私の事を好きになってくれるとどこかで思っていた。その慢心が打ち砕かれたのは私が送った「会いたい」に対する1週間ぶりの返事だった。

「好きな人ができた。もう会えないし、連絡も取らない。」

もう、あの告白の有効期限は切れてしまっていた。
それでも私が無理やりつなげた関係はもう腐り果て、臭気を放っていたのに、臭いものに蓋をするようにその事実から目を逸らし続けていた。

付き合わなければずっと一緒に居られると思っていたし、ずっと好きでいてくれるかと思っていた。

今の私は、どうだ。

すでに愛されもせず、もう付き合えもしない。
遠い存在ですらなく、友人の世界から存在ごと消されてしまった。

こんなことなら付き合えばよかった。
3ヶ月、半年、数年で別れるとしても、付き合えばよかった。

ともだちでは物足りず、恋人になるのには意気地がなく、その中間でいようとした結果、どちらの関係にも、もうなれない。

振られるってこういう気持ちなのか。
かつて友人もこういう気持ちだったのだろうか。


かつてこんな思いを向けてくれてありがとう。ごめん。

そんなお礼もお詫びの言葉もまだ言えていない。
 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
ただの下心のほうがまだ良かった。
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
ろこ さんからの純猥談
つづきをよむ >
私はただの女の子なんだ。
幸子 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「私、結婚するかも」
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
根津 さんからの純猥談
つづきをよむ >