彼に必要とされるなら、財布付きの穴にだって、喜んでなる
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
部屋からいつもと違う匂いがした。

ああ、浮気だな。
今回は家に連れ込んだのかなって。
掃除しなきゃ。
それだけ。何も言わない。

シンクの食器も、洗濯物も全部そのままで、
私を見て「おかえり」とふにゃっと笑うその顔で、
全て見ないふりをする。

もう、こんな生活を続けて2年になる。


その辺に転がっている恋愛と変わらず、彼との出会いはマッチングアプリだった。
少し違うところがあるとするなら、彼は酷く浮気性で、私は彼のことがたまらなく好きだということくらい。
ああ、あと、同棲してて、家にお金を入れてくれないとか。

最初は泣いて怒った。
別れたくはなかったから、もうやめて欲しいと言った。
彼は私の頭を撫でながら、「泣かせてごめんね」と言っていた。
もうしない、とは、言ってくれなかった。


私は、彼が何をしているのか知らない。
どこで働いているかも知らない。
働いている、というのも、何となくしか知らない。
時折知らない服が洗濯カゴに入っているから、買っているんだろうなって。

家賃は私、それ以外は彼。同棲を始めた時に、そう決めたはずだった。
でも、約束が守られたのは最初の2ヶ月だけ。
下手な言い訳もしなくなって、当たり前のように私の財布を使う彼。
それでも、財布を出さなくなれば離れてしまうかもしれないと思うと、強く言えなかった。

友達にも、親にも言えない同棲生活。
話せば、そんな男別れろと言われるのが目に見えている。
そう言われても仕方ない男だともいうことも分かっている。
だけど、好きで、好きで、好きで、仕方ない。


部屋を掃除していたら、腕を取られた。
ソファに寝転がり何もしない彼が、私の腕を撫でつけて言った。


「ねえ、舐めて」

これも、2年間変わらない。
彼が私に触れるのは、ズボンを下げながら腕を掴む時だけ。

最後に抱かれたのは、キスされたのは、いつだったっけ。

咥えて、舐めて、彼が息を漏らして、
それだけが唯一、彼に触れ合える時間。
彼が頭を撫でてくれる時間。

これだけのために、色んなものを諦めた。
結婚も、
幸せな恋愛も、
お互いを思い合う日常も。

全て諦めても、彼だけは諦めきれない。

「気持ちよかった?」
勿論、と、ニコニコしながら私の頭を撫でる。
この顔が見たい。
私で満足する彼が見たい。
撫でてくれるこの手を離したくない。

彼に必要とされるなら、財布付きのオナホにだって、喜んでなる。


「好きだよ」
私がそう言っても、返ってくるのは、ありがとうという言葉だけ。

水道代払っておいたよ
欲しがってた靴買っておいたよ

その時と同じ温度の、ありがとう、だけ。

いっそ死んでくれたら
私も楽になるのだろうかと、

そんなことを思いながら、
今日も彼の足元にひざまずく。
 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
助演のわたし
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
つづ さんからの純猥談
つづきをよむ >
風俗嬢まりんの性愛テクニック講座
平凡妻 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「でも付き合ってはくれないんでしょ」
量産型大学生 さんからの純猥談
つづきをよむ >