私たちは運命だから、1度離れてもやっぱり戻るんだって本気で思った。
1年3ヶ月付き合って幸せの絶頂にいた私に、彼が急に別れを切り出した。
毎晩泣いたし、思い出の写真が目に入るからスマホを見るのも怖かった。

彼とはゼミも、取ってる授業も同じで目に入らないようにするなんて無理だった。
だから、友達に戻ろうね、そう約束していた。
でも友達に戻るなんて無理な話だ。ずっと好きな人だったのだから。


ある時彼から連絡が来た。「ご飯でもいかない?」私は舞い上がって承諾のメッセージを送った。
ご飯の帰りに私の家で行為をした。
復縁できるかもしれないと思っていたが、都合のいい関係になってしまった。
結局はそんなもんか、と妙に納得した。

彼が寂しい時にはそばにいて、誰かとご飯を食べたければ一緒に食べて、
彼を抱きしめながら眠って、行為をして。
そんな関係がずるずると1年程続いた。
付き合い始めた時に大学1年生だった私は、いつの間にか4年生になっていた。

その間、何度も彼から離れようと思ったが離れられなかった。
他の男とも行為をしたこともあったが、心のどこかで彼と比べてしまっていた。
私の中で彼が1番だった。


「やっぱり俺には貴女しか居ない。よりを戻して欲しい」

いつも通り彼と過ごしていると、改まった表情で言われた。
私がこの1年間欲しかった言葉だった。嬉しくて涙が止まらなくなり、彼に抱きついて泣きじゃくった。
私たちは運命だから、1度離れてもやっぱりまた戻るんだって本気で思った。

復縁してからはとても幸せだった。
結婚の話、同棲の話も出て、私の親にも会いに行った。
就活の時期だったが、今まで希望していた地元での就職をやめて、彼と同じ土地で就職することを決めた。彼と暮らせるなら、初めての地で就職をすることも苦ではなかった。

そんな矢先だった。彼に話がある、と言われたのは。

「色々考えたけど、このまま2人で過ごすよりも、もっと1人でしかできないこともやってみたい」
「地元で就職しようか悩んでいる」
「貴女のこと好きか分からない、この気持ちが戻るのかも分からない。でも別れようとは思ってない」


貴方が冷たくなってもう2週間が経つ。
話しかけても、素っ気ない返答しか返ってこない。LINEなんて来るはずもない。
住むならどんな部屋がいい?とか2人の時間が無くなるの嫌だから、子どもは結婚してもしばらくはいいかな、なんて笑いあっていた貴方はもう居ない。

運命なんてこんなもんか。

彼は別れようとは思っていないと言ったが、私はいつ別れを告げようか悩んでいる。
 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
助演のわたし
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
つづ さんからの純猥談
つづきをよむ >
風俗嬢まりんの性愛テクニック講座
平凡妻 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「でも付き合ってはくれないんでしょ」
量産型大学生 さんからの純猥談
つづきをよむ >