大好きだった元彼はホストになっていた
高校1年生の時、彼とは科は違ったけれどよく話していた。
わざわざ会いに行くような仲では無かったけれど。

高校2年生の夏、彼から連絡が来た。
彼はその時彼女と別れて数週間だった。
別れて寂しさを埋めるために連絡してきたのかな〜なんて思ってて、
私の返信もそっけなかったと思う。
でも彼はずっと会話を続けてきて、毎日連絡を取り始めて1ヶ月ほど経って、
夜に電話をする日も増えてきた。
お互いの過去の恋愛話や、相談事、好きなタイプ、好きな異性の仕草。
色んな話をしたよね。

その年の冬、彼から告白をされた。
でもその時の私は断った。
恋愛には終わりがある、それを考えるのが怖かった。
彼は振られてからも連絡を続けてきた。
私も、連絡するのは嫌じゃなかったし楽しかったから続けた。

年が明けて、告白されてから初めてちゃんと直接話す機会があった。
お互いの部活が終わる時間がたまたま一緒で、学校の近くのバス停で話した。
学校にはもう人は少なくて、誰も来なくて、二人だけの時間。
何だか照れくさくて、嬉しくて、胸がいっぱいだった。
私のことをたくさん可愛いと言ってくれて、嬉しかった。

それから2週間くらい経って、彼から2回目の告白をされた。
その頃には、この人と付き合いたいと強く思うようになっていた。
私たちは、恋人関係になった。


遠足、みんなに冷やかされながら写真を撮ったね。
文化祭、二人で一緒に回ったね。
体育祭、たくさん写真撮ったりしたね。
修学旅行、二人で一緒に回ったね。
卒業式、最後の制服で沢山写真撮ったね。

付き合ってから学校行事をほとんど一緒に経験した。
行事を思い出す度、彼のことを思い出す。


付き合って1年と数ヶ月経った頃、私たちは高校を卒業した。
彼は東京の大学に行くことが決まってて、一人暮らしの家ももう決まっていた。
その時の私は彼との終わりなんて考えてなくて、
不安はあったけどずっと一緒にいると思っていた。

でも、卒業式の日から数日経って、彼から電話で別れを告げられた。
遠距離で私のことを好きでいられる自信が無いと。
何も考えられなくて、理解が出来なくて、とにかく涙が止まらなかった。
私たちはその日別れた。
全力で止めたけど、駄目だった。


お互いが新生活を始めて少し経った頃。
彼から連絡が来た。
少しだけ地元に帰るから会えないか、と。
私は会ってしまった。
まだ好きで、別れて数ヶ月経っていたけど夜に泣く日もまだあって、忘れられなかった。

何をするか何も決めてなくて、とりあえずカラオケに入った。
色んな話をした。
その時分かったんだ。
私が好きだった彼はもういない。

彼は夜の仕事をしていた。
指名が入った話、お金の話、アフターの話、お酒の話。
会わなかった数ヶ月でこんなに変わるのかと驚くほどに変わってた。
私が居なくなった寂しさを埋めるために始めたと彼は言っていた。
もう意味が分からなかった。

それなのに、言われるがままホテルに入ってしまった。
私と付き合ってる時は戸惑いながらしていた行為も、
全てがスムーズで、何だか笑っちゃうよ。
私と会わない間に色んな人と経験したんだね。

お酒もお金も会話術も、夜のテクニックも、そんなの無くたって、
私は彼のことが大好きだった。

部活の時に少し目が合って笑いあったり、
お互いの家に行って下の階にいる親にバレないようにイチャイチャしたり、
学校帰りに自転車漕いで色んなところ行ったり。
もう二度と戻れない幸せをくれたからこそ、あなたのことを今でも忘れられない。


今はもう復縁したいとは思わないよ。
でも、ただ、思い出の中の私たちが本当に幸せそうで。

大好きだったよ。
何も無くても、ただ一緒にいられただけで。

最高の思い出をありがとう。
たまに頭の中の引き出しから出して、
こんな素敵な恋愛出来て良かったなって思えるようになるといいな。
 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
助演のわたし
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
つづ さんからの純猥談
つづきをよむ >
風俗嬢まりんの性愛テクニック講座
平凡妻 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「でも付き合ってはくれないんでしょ」
量産型大学生 さんからの純猥談
つづきをよむ >