10年片思いしていた彼は、今月離婚するらしい
10年片思いしている彼とセックスする夢をみた。


変わり者の彼が結婚すると聞いたのは1年半前。
そして今月、離婚が成立したという。

10年間も密かに想いを寄せている私からしたら、本当にあっという間だった。
結婚生活に幕を閉じた彼の表情は、
いつもと変わらない『誰にでも優しく故に誰も寄り付かせない』変わり者のそれだった。


ある夜、その顔が私の足の間に埋まっているのに気づいた。
その瞬間理解する。あぁこれは夢だ。

何度となく見てきた、ただの欲望にまみれたいやらしい夢だ。

肌を舐める水音も、時折り弾む体も、聴き慣れた声色も、全てがリアル過ぎて堪らない。

どうやら夢の中で私たちは、何度も何度も仮初の愛を、
都合の良い愛を重ねてきたらしかった。

『そろそろ癖になってきたんちゃう?』


そんな言葉に身をよじる私は、1人ベッドの上で目が覚める。

離婚したからといって、彼は私をそういった対象としてみることはない。
都合の良い女になんてしてくれない。
私の心を見透かした上で、友情を守り続ける彼は変わり者で、
優しくて残酷で、何よりも愛おしい。

夢の中で乱れた彼の髪を、現実の世界で一番近くで触れるのは私なのに。

ベッドで1人涙を堪えて、濡れた下着を洗濯機に放り込む。
明日になれば忘れてしまう夢だから、今日だけは彼の甘い声に酔いしれよう。
明日からはまた、彼の幸せを願う友人として、私も変わり者を演じよう。

そうしてまた私は眠りにつく。
彼との幸せな熱い夜を夢に見て。
 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
助演のわたし
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
つづ さんからの純猥談
つづきをよむ >
風俗嬢まりんの性愛テクニック講座
平凡妻 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「でも付き合ってはくれないんでしょ」
量産型大学生 さんからの純猥談
つづきをよむ >