『あいつがわるい あんたもわるい ふたりでしんで』
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
私の人生で初めての彼女。
大学時代、一学年上で、同じサークルで、同じ学部。

付き合うまでの半年間、毎日メールした。
お互い、一回一回長文のメール。
それを一日に3往復はしてたかな。
“デート”自体は4回くらいだったかな。
2回目くらいまでは、まだ彼女に彼氏がいて。

水族館で彼氏と別れたことを聴いたときは、
なんて声を掛ければいいのか戸惑いながらも少し嬉しかった。
もしかしたら自分にもチャンスがあるんだ、って。

付き合った記念日はクリスマスイヴ。
返事のメールを読んで、ベッドの上でバタバタ喜んだよ。
もうこのまま死にたい!!と思えるくらいに幸せの絶頂だった。


それからいろんなとこに行った。
彼女の運転する姿がいつもかっこよくて、助手席からシャッターをきった。
二人でソフトクリームを食べるのがお決まりのようになってた。
彼女はポニーテールがよく似合ってた。
たまに髪をおろしてるのを見ると、それはそれでゾクゾクした。

二人とも大学生だったし、やっぱり学内で会うことが多かった。
学食、中庭、廊下、図書館。沢山話した。沢山笑った。
彼女の笑顔はいつも優しくて、且つ涼しげでもあった。
彼女は私からすると頭が良い人間で、
ハッキリ物を言うとこや論理的なとこが魅力的だった。

私たちは二人とも手紙を書くのが好きだった。
毎月、記念日になれば手紙を贈り合っていた。
彼女の字が好きだった。彼女の言葉も好きだった。
自分が好かれているって感じられるのが嬉しかった。

お互い実家暮らしだったんだけど、実は家も割と近くて。
夜バイトが終わるとそのまま原チャで彼女の家の近くまで行って。
親からしたら、娘が家から出てくんだから、しかも何日も続けて。
誰かと会っているんだろう。と、バレてはいたんだと思う。

キスもした。ハグもした。でも、するまでには半年以上かかった。
だって初めてだったから。恥ずかしいし、わからないことだらけだし。
って言ったけど、一度始まってしまえば、で。
仏壇の前でセックスした。バンガローでセックスした。
大学のトイレの中でもセックスした。何度も車の中でセックスした。
長い時は、おそらく6~7時間くらい。気付いたら朝になってた。

彼女のことが本当に好きだった。
会っていないときも彼女のことばかり思い浮かべていたし、
会っているときも彼女のことしか眼中に無かった。
隙あらば彼女に会いに向かった。


ある時、私たちはそんな日常に区切りをつけた。

大学三年の冬、私は海外に飛び立った。
同じタイミングで彼女は大学を卒業して県外へ。
遠距離になった。自分で選んだ道だけど、寂しくなかったと言えば嘘になる。
離れていても毎日のようにチャットした。電話もした。4時間の時差がもどかしかった。

生活や言語、寂しさにも慣れ、9ヶ月が過ぎた頃、
私は現地で人を好きになってしまった。
彼女がいるというのに。他の人を。

帰国まであと1ヶ月、バイト先のスタッフ3人、先輩の家で飲んでいた。
私は、普段飲み慣れていない赤ワインでなかなかに酔った。
廊下に座って、壁に寄り掛かっていると、先輩が近付いてきた。
暗い廊下の中で、私の視界はぼんやりしていた。
先輩の顔も、捉えているのは輪郭くらいだった。
瞬間、先輩は私にキスをした。私は、先輩に、キスされてしまった。
その夜から帰国までの1ヶ月間、私は浮気をしました。
先輩を本気で好きになりました。先輩を本気で好きでいました。
帰国時、海外の空港を飛び立つ時も、飛んでいる9時間も、日本の空港に着いた時も。

彼女が空港に迎えに来てくれていたんだけど。
めちゃくちゃ嬉しい再会になるはずだったんだけど。
彼女に会って、私は一体どんな表情をしていたんだろ。

彼女に白状するまで、そう長くはなかったはず。
それから彼女とは、別れと復縁を何度か繰り返した。
それでも結局、最後の最後まで、私は先輩も好きでいた。
完全に連絡を断つことが、縁を切ることができなかった。

彼女との別れ際のチャット。
私が初カノにもらった最後の言葉。
きっと死ぬまで忘れない。


『あいつがわるい あんたもわるい ふたりでしんで』
 ツイートする
純猥談はユーザーのみなさまからのサポートによって運営していきます。
 サポート会員になる
100円からサポートいただけます
おすすめの純猥談
助演のわたし
⚠この純猥談は浮気表現を含みます。
つづ さんからの純猥談
つづきをよむ >
風俗嬢まりんの性愛テクニック講座
平凡妻 さんからの純猥談
つづきをよむ >
「でも付き合ってはくれないんでしょ」
量産型大学生 さんからの純猥談
つづきをよむ >